細野高原ツリーハウス村 キャンプ場でグルキャン

パラグライダーエリアが経営するキャンプ場

パラグライダーは競技人口の減少で、どこのスクールでも経営難。
朝霧の朝霧高原パラグライダースクールも広いランディング場の一部をキャンプ場としてオープンしたらしい。
所属しているパラグライダークラブの伊豆フライトハウスでも以前からキャンプ場をやっているので、今回はそこでグループキャンプ。
ここはファミリーに人気で、おまけに「森の中の小さなキャンプ場」と言っているようにサイトが狭い。

ノープラン!とりあえず現地集合

メンバーは5人。
以前は荷物も少なく1台に3人は便乗して乗っていたが…段々と荷物も増えたので、1台2名が定員。車3台(^^;)
7時に横浜駅で一人拾って伊豆に向かう。他は釣りをするので早朝向かった一台。残りは前日飲み過ぎたポルシェ。

河津で全員集合

釣り組とは稲取の漁港で落ち合う。釣果は想定内。
「ごめん!釣れない!」
「誰も期待してない!」
遅れているポルシェは天城越えルールで向かっているらしい。一旦、河津まで行って全員集合することに。
集合して昼飯食って、スーパーで買い出し。
「船戸の番屋」で温泉に浸かってキャンプ場入り。
今回は温泉キャンプ。「船戸の番屋」の入湯料は300円。安い!ロケーション抜群!

今回も場所が無い(前回も…)

2時過ぎにキャンプ場に到着。パラグライダーのランディング場まで行って、挨拶。テントの設営場所が無い(>_<)
一般の客を優先してもらって、キャンプ場近くの空き地に適当に張らしてもらう。

パラグライダーのクラブハウスの裏に設営

道の反対側がキャンプサイト。クラブハウスの裏はキャンプ場の炊事場とトイレ。そこしか空いて無い。
ここはここで便利かも。
5人もいるので…何もしなくて良さげ!
仲間が稲取で買った魚で刺身を作るし…カツオのたたきを作るし…ご飯も炊くし…(^-^;)

どこでも寝られるヤツって良いな!

焚き火にあたりながら飯を食べて、酒を飲み、バカ話しをして…最高!
パラグライダー仲間も加わって、大いに盛り上がる。
羽毛の冬用の寝袋も持って来たが、敷きパットと毛布も用意している。寒くなさそうなのでコットにパットを敷いて毛布をかぶって寝る。快適!家に近い感じ。
仲間のイビキが聞こえる。どこでも寝られるヤツって良いな!

三須山はロケーション抜群

朝、仲間の声に目覚める。自然の中だと、妙に人の声が響く。
ポルシェで登山道の下まで行って、パラの南練習場まで軽く散歩。もっと上の駐車場まで行き、頂上まで登りたいところだが、以前乗っていたワーゲンは、ここで腹を擦って廃車になったので、ポルシェじゃ…キツいかも…。
キラキラの海の向こうに伊豆七島が遠くに見える。
朝飯を食べたら、後は温泉に入って帰るだけ。
たまにはグルキャンも悪くは無い。

キャンプサイト情報 細野高原ツリーハウス村キャンプ場

名称:細野高原ツリーハウス村キャンプ場
https://www.hosonokogen.com/
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取細野高原3150
予約:要
地面:土(ペグを打ち易い)
概要:狭い(バンガローの合間がサイト)、フクロウやヤギなどの小動物に会える、パラグラーダー体験ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です