新戸キャンプ場でグルキャン

予約したのに予約が通っていない

昔の仲間とグルキャン。道志にある大渡キャンプ場を予約。全員で4名。現地集合。
到着が少し遅れたけど…他のメンバーは集合済み。
…がっ受付の前でウロウロしてる。何で入らないの?
予約されて無いって!んっ?まっ他の客は居ないし入れるとのこと、腑に落ちなが、まっいいか!
受付しようと値段を聞いてビックリ!
価格体系がわからなかったが…駐車場代、サイト使用代、施設使用代で一人4500円!
高い!高過ぎ!(区画単位なのでこうなるらしい…)
貧乏には辛い!即その場でキャンセル。

いつもの新戸キャンプ場に移動

いつもソロで行く新戸キャンプ場に変更。相模原方向に20分ほど戻ると新戸。
先々週もソロで来たけど…
ちょうど4人が張るのにいい場所が空いていた。
ソロでは良く利用しているがグルキャンは初めて。
値段は1800円。これだよ!これ!

新戸キャンプ場でグロキャン
新戸キャンプ場でグロキャン
新戸キャンプ場でグロキャン

飲んでも酔わない

設営も終わり、飲み開始。昔話で盛り上がる。
まだ昼なので、焚き火は我慢。ここから火を着けたら夜中まで薪が持たな!
寒いせいか…なかなか酔わない。
夕方、各人がマイ焚き火台に点火。今回は新しく買った焚き火台。
今まで使っていたのは、気に入っているが、風が強い日は火の粉が飛ばされるので、囲われたタイプを購入。小型なので薪の消費も抑えられる。

新戸キャンプ場でグロキャン

笑えるくらい寒い

寒過ぎて笑える。この時期キャンプをするのはバカの所業か?
ヒマだし、寒いし。
早めに夕飯の準備。
メニューはトリモモ肉とエビのユズコショウ焼きとトリモモ肉のビール煮(^^;)
それぞれ持参した料理を分け合って食べる。

新戸キャンプ場でグロキャン
新戸キャンプ場でグロキャン

電気毛布と湯たんぽで快適

酒も回り夜も更けて来たので、テントに潜り込む。
テントの中は、キルティングのマットに厚めのエアマット、電気毛布、寝袋、毛布。
寝袋の中にはインナーシェラフに湯たんぽを入れてフル装備。
寒くは無い。快適!

インナーテントの内側まで凍りついた

朝メンバーの話し声で目覚める。
テントから這い出たら、風景が白い。
タープもテントも露が凍って白い見える。
CB缶のシングルバナーは火が着かない。しばらく上着の中に入れて温めたら、どうにか火が着いたので、昨日の余り物を温めて朝食。
テントの内側も凍りついてる(^-^;)
チェックアウトの時間もあるので、のんびり撤収開始。
タープとテントに着いた氷を取るのにバサバサやったら地面は雪が降ったようになった。
とても乾きそうにないので、畳まず持って帰る。
メンバーとは現地解散。
あ~楽し!次は雪中キャンプな!

新戸キャンプ場でグロキャン
新戸キャンプ場でグロキャン

都内唯一の薪屋

帰りに以前から気になっていた薪屋に寄ってみる。12Kgで1300円。安い!40Kgを買って車に詰め込む。
庭の隅に積んだ姿は安心感の塊。
5回分は有るかな~(^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です