21年秋分の日にロードバイクで大転倒

久々に羽田まで

天気に恵まれない日が続いていたが、久しぶりの晴れ。
予報では33℃まで上がるとのことで迷ったが、週末はキャンプの予定だし…
ロードで走ろう!
久しぶりに多摩川に行った。
予報通りの猛暑!熱中症に気をつけよう!
国道1号線を順調に進み、多摩川沿いを羽田まで走る。
たまに寄る佃煮屋で佃煮を買って、住宅地の中にある渋いたこ焼き屋で昼食。

もう少し走ろう!

自宅から羽田の往復だと50Km。
少し走り足りないので、国道1号線を戻り鶴見川を新横方面に上る。
暑い!汗が目に入って辛い!
新横浜まで来たところで、これ以上走ったら熱中症になりそうなので、そこから帰ることに。
メットを外して、スタジアム前の歩道をノンビリ走る。
身体が熱を持って汗が止まらない!

やっちまった!大転倒!

暑さでボーっとしながら、目に染みる汗をグローブで拭きながら歩道を走る。
突然、飛ばされアスファルトに叩きつけられる!
痛い!身体が痛みで動かせない!何が起きたのかしばらく理解できなかったが、歩道のポールにペダルを引っ掛けたようだ。
頭を打って、さらに全身打撲で立ち上がれない。
脂汗をかきながら、どうにか立ち上がり自分の手足を確認する骨折はしていないようだ。
膝と肘は擦り傷で血が出ている。
痛みに耐えながら自転車を歩道の脇に移動して、散乱しているヘルメット、サングラスなどを拾い集める。
そこから、歩道の脇に座り込んで動けるようになるのを待つ。
30分ほど休んで自転車を点検。自転車は大丈夫。
自宅までは10Kmも無い。
途中の自販機で何度も水分補給をしながら…どうにか帰り着いた。
シャワーを浴びて、汚れと血を洗い落とし、布団に倒れ込む。

教訓

・余裕を持って走る。
・暑いときは無理しない。
・熱くてもヘルメットはかぶる。

どれも当たり前だけど…大反省
次の日は仕事を休み病院に!骨には異常なく、全身の打撲。
痛み止めを飲み、塗り薬を膝、肘、肩、腰に塗って安静にする。
キャンプ行けるかな~?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です