プチ野営が楽しめるWOODSMAN CAMP GROUND

WOODSMANキャンプ場の林間サイト

またまた梅ちゃんとキャンプ。今回は山梨県道志村のWOODSMANキャンプ場にお邪魔しました。
朝、自転車で40Kmほど走ってから、予約していたWOODSMANキャンプ場に向かう。
ここは道志川の川沿いにあるオープンして間もないキャンプ場。川沿いのキャンプ場は久しぶり。

芝生サイトと林間サイトがあるWOODSMANキャンプ場

道志川沿いのキャンプ場には珍しく芝生サイトがある。予約していたのは林間サイトなので、設営場所を探す。林間サイトは2箇所あるが、どちらも場所が狭い。
上の林間サイトは、まさに林間!
いい感じの場所は、すでに先客。いい場所が残っていない。
常設のグランピングテントの近くに貴重な平らな場所を見つけたので、受付に言って「貼っていいですか?」か聞いてみたら、大丈夫とのことで、そこに張ることにする。
グランピング用のでかいタープが貼っていたので、勝手に使うことに。
タープを張る手間が省けて助かる。

流しソウメンの季節

夏のキャンプと言えば、外せないのは流しソウメン。今年初の流しソウメンをオヤジ2人でやろうと流し(回し)ソウメン器を持ってきた。
普段は「流水麺」を使うのだが、立ち寄ったスーパーに置いてなかったので、軽く茹でるタイプの生ソウメンってやつを持ってきた。
設営も終わり、酔っ払う前に、ソウメンの準備をする。シングルバナーでお湯を沸かして生ソウメンを投入。水の分量が少なかったせいか、ドロドロ。
ザルに移してもドロドロ過ぎて水が切れない。持参した水をすべて投入して、どうにかカタチになった。
…がっ!流しソウメン器に対して水が少ないのか、ソウメンが多いのか?回らない。グダグダなのがキャンプの醍醐味。気にしない!
草原サイトには水場があるが、林間サイトには水場が無い。草原サイトまで歩くのもカッタルイ(ウオシュレット付のトイレはすぐ近く)。

川の音はいいな~

最近は伊豆のnegura campgroundキャンプ場と富士山御殿場の杉山キャンプ場ばかり行っていたので、音はなく夜は静か。
設営場所のすぐ隣には道志川に注ぐ沢がある。多少の話し声は沢にかき消される。
シーンと静かな場所より、このくらいがちょうど良いかも。
草原サイトは家族連れやグループが多いが、林間サイトはソロサイト。
周囲は軍幕系のテントで一人でキャンプを楽しんでいるキャンパーばかり。
なかなか味がある。

キャンプサイト情報 WOODSMAN CAMP GROUND

名称:WOODSMAN CAMP GROUND
HP:https://woodsman.jp/
住所:山梨県 南都留郡道志村馬場5876
予約:要予約。HPからメールで予約
tel:0554-67-8131
地面:上の林間サイトは柔らかい土。芝生サイト、下の林間サイトは小石混じりの土
概要:道志川沿いにプレオープンしている夜空もみえる開放的なサイトと野営感のあるソロサイト(上の林間サイト)があるキャンプ場です。
水場は芝生サイトに1箇所。トイレは上の林間サイト、芝生サイトにそれぞれ有り、ウォシュレット付き。
利用料金はソロだと総額(サイト使用料、駐車場)で3500円。管理人さんもいい感じの方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。