野営感ありありの大瀬テント村

海の近くの大瀬テント村に行った

キャンプと言えば…山。11月に入って寒くなってきたので、海なら温かいかも…ってことで伊豆半島の付け根、沼津にある大瀬テント村に行った。寒さ対策としてポタ電と電気毛布を持参したので心強い(^^)v
今回は友人のU山と二人キャンプ。
ここ大瀬テント村は隠れ家的?なキャンプ場。
このキャンプブームの中、4日前に電話してあっさり予約できた。…ってか予約はいらないかも。
人気が無いのか?知られていないのか?

無人島で野営してるような大瀬テント村

待ち合わせの10時ジャストに駐車場に到着。
横浜から下道を走って3時間、早い(^_^)ノ…ってか距離は100Kmちょっと。
このタイミングで友人から電話、まだ横浜で渋滞中とのこと。埼玉からだし…いつもながら、時間通りに来ないヤツ!!
予約時に受け付けに着いたら電話してくれとの事だったので…管理人に電話。
滑舌が悪く正直何言ってるのかわからない(^^;)
「夕方受け付けをするので…適当に設営してくれ」と言ってるらしい。
ここの駐車場は2箇所。受け付けから下がった所にある駐車場に車を移動。凄まじい急勾配を下る(これ登れる?)。誰も居ない。
海岸までは数分の場所だけど、木が生い茂っていて、波の音が聞こえるだけ。
段々になった石積みの区画サイトもあるが、山道の脇にテントを張る感じ。
駐車場以外なら、どこに張ってもいいらしい。おまけに落ちている枝なら拾って薪にしてもいいとのこと。
水場とトイレに近い場所に、久しぶりにニーモのアトムを張る。
地面は固い土でテントとタープをしっかりペグダウンできる。
タープを張った姿は野営!!

受付小屋。奥に下がると、もう一つ駐車場
ここの激坂は怖い
ファミリー用の大きなテントには少し狭いかも…
まるで野営地。トイレの手洗い以外には水場は一箇所
ひさびさのニーモ。野営地には馴染む
野営地そのもの。後ろの野積みの石垣が崩れそう

土日なのに4人の大瀬テント村

設営も終わって、やる事も無いので…海岸に降りて観光。ダイビングのメッカらしくダイバーがいっぱい。海岸を少し進むと半島の先端には歴史のありそうな神社がある。
御神木と池がパワースポットとして有名らしい。
海岸にはダイビングショップが並んでいてダイバーがいっぱい居る。キャンプ場とは大違い。
辺りをブラブラして帰りに食堂(看板はレストラン)で朝食兼昼食の親子丼を食べてサイトに戻る。
2時くらいに遅れていた友人もやっと到着。宴開始(^^)v
家に買いためていた腐りかけた薪を大量に持参してきたので…燃やし放題。さらにそこら辺に落ちている枝をガンガン燃やす。
遠くにテントの灯りが二つ。他にはソロが二人。このキャンプブームの中、全員で4人。
海沿いのエリアなので…風が強くなることは想定していたが、この日は想定以上に強い。
木の枝が風に吹かれてザワザワ音をたてる、ちょっと不気味な感じなので完ソロは遠慮したいが、まっここはここで貴重のキャンプ場かも。
ちょっと寂しいが空いてて良い。

ダイビングのメッカ。体験ダイビングとかもできるみたい
半島の先端にある神社の御神木
まずは焼き鳥とイカの缶詰
寒さ対策は万全
夜は雨に降られたが、タープがあればノープロブレム
ポタ電買って良かった。一晩電気毛布を使って残量は29%

絶景が見れる大瀬テント村

土曜日は雲がかかっていてダメだったが海岸からは駿河湾越しの富士山が見れるはず。
予報では晴れとなっていたが夜は雨と強風。酔っ払ってテントに入ったが、風の音で目が覚める。翌日テントから這い出すと曇り空。富士山は見えないな~。
絶景は諦めていたが、撤収を済ませキャンプ場から出て少し走った所で絶景。富士山好きにはたまらん!

富士山好きにはたまらん!

キャンプサイト情報 大瀬テント村

名称:大瀬テント村 ※読み方は、たぶん「おせ」。
http://www.osetent.net/
住所:〒410-0244静岡県沼津市西浦大瀬崎977
予約:予約
tel:055-942-3177 、055-942-2080
地面:硬い土(丈夫で長めのペグが必要)
概要:ほぼ野営地。天気が良ければ、歩いて数分の海岸から駿河湾越しの富士山が見える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です