オヤジ6名、東キャンプ場でグルキャン

東キャンプ場は、なかなかのロケーション

FBつながりで山梨の東キャンプ場に行った。山梨と言っても…奥多摩のちょっと先。横浜から高速を使えば2時間ちょっと。下道でも3時間半。
待ち合わせを10時にしていたので、6時に自宅を出て下道を走る。朝も早いせいか…3時間で東キャンプ場に到着。メンバーはFBのグループ管理者のT中さん、ベテランキャンパーのH田さん、売り出し中の岐阜から参加のF川さん、ミニベロで参加の超軽装備キャンパーS田さん、本栖湖キャンプ場で知り合ったFBグループのE藤さん。総勢6名。キャンプのスタイルはバラバラ。

高速を使えば横浜から2時間ちょっと。下道でも3時間半。
サイトの上の駐車場。

軽トラで荷物を運んでくれる東キャンプ場

ここは半オートキャンプ場。駐車場で荷物を下ろし、そこからサイトまでは管理人さんが軽トラで運んでくれる。
荷物を乗せた軽トラを見送って、徒歩でサイトに向かう。
サイトまでは水平距離で約100m、高度差30m。谷を降り、吊り橋を渡る。
川沿いに平らな場所が広がっている。
荷物を軽トラから下ろして6名が張れる場所を探す。
日向は暑いくらいだが…日陰に入ると、途端に寒い。
総勢6名が適当に設営。
あっ!ペグが無い。確か…ザックに入れっぱなしにしてるはずなのに…?
ペグが無いと建たないテントなのでグループのE藤さんにペグを借りる。こういうときグルキャンは助かる。

6名の分の荷物を軽トラに積み込み完了。
この吊橋の向こうがキャンプサイト。
川沿いのサイト。地面は土。
焚き火を囲うように設営。
6名中2人はワンポール、ドームが3つに超軽量お一人様テントが一人。
寒さに震えて焚き火タイムを待つ。

横浜より8℃も低い東キャンプ場

今回はかなり寒そうな予報なので、寝具は重装備(^。^;)
ウレタンのパタパタのシートの上に、2人用の封筒型寝袋を敷き布団代わりに被せ、モバイルバッテリー用の電気毛布。最後にmont・bell ダウンハガー800 #2。
ほぼ真冬仕様。どうダッ!!
去年は-6℃で震えたが…今年は電気毛布がある。-10℃くらいまでは楽勝かも…。

東キャンプ場の近くの温泉でポカポカ

焚き火には早いし、時間もある。受付時に温泉の割引券をもらっていたので温泉に行くことに。
サイトから歩いて10分の所にある「のめこいの湯」。
サイトから上の道までは二本足で歩ける限界なんじゃと思うようなスーパー超激坂(普通の乗用車じゃ上がれない)。
通常900円が割引券で300円(^^)v
身体も温まってスッキリ。

写真じゃ伝わらないが、この坂は乗用車じゃ無理かも。
道の駅に併設された「のめこいの湯」。サイトから歩いて10分。

東キャンプ場で焚き火開始。6名で焚き火が6つ

10月下旬。まさにキャンプのベストシーズン。
虫はいないし、ヒルもいない。空気が澄んで気持ちがいい。少し早いが、日が欠けると寒くて震えるので、早めに焚き火開始。
6名で焚き火台も6台。非効率だがマイ焚き火で癒やされる。リフレクターが効果絶大。重いが…。
健康診断の結果、すげー不健康と言われたので(-.-;)
お酒と炭水化物は控え目に、ひたすら肉、野菜、肉、野菜。お米が恋しい。
焚き火に癒されながら気のあう仲間とバカ話し。長い付き合いではないが、趣味が同じだと話しが合う。
時間が進むに従って飲み過ぎた者、眠くなった者、それぞれが勝手気ままにテントに潜り込む。

各人でマイ焚き火。
リフレクターでポカポカ。冬キャンプの必需品。
テントの中には電気毛布を仕込み済み。
お隣のT中さんのレインボウストーブ。

ジジーの朝は早い

布団と電気毛布のおかげで爆睡。キャンプを始めた頃は、なかなか寝られなかったのに…快適(^^)v
重くて嵩張るが冬キャンはこの装備で過ごそう。
谷底で早朝は日が当たらないが、サイトに日が当たるのを待ちながら焚き火とストーブで暖をとる。
9時くらいから日が当たりはじめ、テントを乾かす。

H田さんの…なんとかストーブ。コンパクトだけど…手間がかかるらしい。…でもシブい!
F川さんのアラジンストーブ。

東名高速が通行止め

今回は山梨や岐阜から参加してるメンバーもいるので現地解散。
行きは下道を通ったが、帰りは高速。途中順調に進み、圏央道から東名に入ったところで、いきなり停車。そこから2時間ちょっと1mmも進まない。後のニュースで知ったが大型バスを含んだ多重追突事故で通行止め。
トイレをガマン出来ないのか…1.5Km先の海老名SAを目指して歩く人続出。
薄暗くなった頃にやっと家に到着。トイレに駆け込む。

1.5Km先の海老名SAを目指して歩く人達。高速の風景とは思えない。
ニュースサイトより引用
この少し後ろで2時間ちょっと1mmも進めず。事故に巻き込まれなかっただけ良いか。

キャンプサイト情報 東キャンプ場

名称:東キャンプ場
https://tabayama.info/hang-out/camp/%E6%9D%B1%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E6%9D%91/
住所:山梨県北都留郡丹波山村3008
予約:予約
tel:0428-88-0423(自宅) 、0428-88-0242(施設)
地面:砂利(丈夫で長めのペグが必要)
概要:丹波川沿いの秘密基地。渓流釣りも楽しめる。荷物は管理人さんが軽トラで運んでくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です